写真はサービスカーです。
トヨタハイエース級の箱バンですが、すでにオートマチックなのには驚きました。

商品はガムが殆どで、5¢、10¢とあります。
10¢ガムは30mmのボール状のもので、着色が、けばけばしく、コアは数ミリのガムで回りは砂糖でかためてありました。

下の写真は、ボーリング場のフロア‐
に設置された機械をフォローしています。

現在の状況はわかりませんが、設置業者は決して競合がありません。1社のみです。組合組織があり、むだな競合を避けています。
我国の現状と比較すると納得できます。











左写真はOAKの組み立て部門です。

女性が4〜5名いて、ねじ止めなどの軽作業です。










ジンクダイキャスト(亜鉛合金の鋳物)による成形部門です。インゴットが山積みしてあります。




写真が
前後しますが、オーストラリアヴェンヂング社の作業場です。タイタン型の自販機が所狭しとあります。










重田哲夫と筆者のツーショット
帰路途中ハワイで撮影






ロスアンジェルスのケーブルカーで

筆者

奮闘記:その4

 USA・仕入れ先・現地オペレーター探訪

USAのオーストラリア・ヴェンダー(オレゴン州)出かけました。1970年の春と記憶しています。






















































































       TOP                                 業界考察